• YU TAKASE

僕の夢

最終更新: 2019年9月14日

「バスケ難民を0にする」

これが僕の人生における夢です。


バスケットボールとの出会いは、

10歳の時、叔父から渡された

ピート・マラビッチの映画でした。

(ピックアップ中に体育館で亡くなった彼の追悼作品)


ちょうど通っていた小学校の校庭改修と重なり、

放課後遊びといえばバスケ一択。


毎日夢中でボールを追いかけた僕の卒業アルバムには

「将来はバスケの選手」と書いてあります。


プロ選手にはなれなかったけど、

バスケの楽しさ、魅力を伝える立場として、

こうしてバスケに関わる毎日を過ごしている。



明日もバスケしよう。


0回の閲覧